【妻の浮気で離婚】慰謝料とは?慰謝料には時効がある??

パートナーの浮気が原因で慰謝料を請求する際、時効があることを理解してる人は少ないものです。そこで今回は、慰謝料の時効について解説していくことにします。

慰謝料とは?

そもそも慰謝料とは、婚姻関係を結んでいるにもかかわらず、別の異性と関係をもったことで婚姻関係が破綻してしまった際に請求することができるものです。
もっと簡単に言うと、不倫や浮気のせいで結婚生活が破綻してしまった場合、慰謝料を請求することができるということになります。
逆に言えば、別居が続いていたりだとか、家庭内別居の最中だったりだとか、すでに夫婦関係が破綻した後の浮気や不倫に関しては、慰謝料の対象になっていません。

 

慰謝料には時効がある

それから、慰謝料には時効が設けられていますが、民法で定められている慰謝料の発生開始時期とは「損害及び加害者を知った時から3年」となっています。

 

では不倫や浮気に気付かなかった場合はどうなるかというと「不法行為の時」から20年は請求できることになっているのです。
ようするに、すでに不倫や浮気の関係が解消されていたとしても、20年以内なら慰謝料を請求することはできるということになります。

 

とはいえ、実際に慰謝料を請求するような事態になるのは、不倫や浮気の事実を確認した後であることが多いため、気付いたときから3年以内に請求しなければならないのです。

 

慰謝料の時効に関する判例

イメージ

時効については以上となりますが、不倫相手の存在を知ってから3年以上不倫が継続しており、その後離婚となった場合はどうなるのでしょうか。

 

過去の判例をみたところ、基本的には慰謝料の請求ができないことになりますが、最高裁では離婚したときから3年で時効とするという判決が下されました。
つまり、不倫や浮気が原因で離婚したのかどうかがポイントとなってくるということですね。
しかし、これらの判断は、素人にできるものではありません。

 

慰謝料の請求に関しては、つまるところこのような案件を多く扱ったことがある弁護士や司法書士に相談した方が、請求が可能かどうか分かるといえます。