【妻の浮気で離婚】探偵の浮気調査は何が違う?

探偵に浮気調査を依頼した場合、どういった点が素人とは違うのでしょうか。
今回は3つの違いについて解説していきます。

 

決定的な証拠が必要

1つ目は、決定的な証拠を掴むことができるということです
調査を依頼する探偵事務所にもよりますが、個人で調査をするよりも確実に証拠を掴むことができます。

 

費用は掛りますが、労力や調査をしていることがばれてしまうリスクを考えると、自ら調査をすることはかなり危険だといっても良いでしょう。
決定的な証拠でなければ、裁判になった際に不利となります。

 

裁判で役立つ証拠が必要

2つ目は、裁判で役立つ証拠の内容を把握しているということです。
ただやみくもに証拠を集めても、証拠として認定されないことが多々あります。

 

過去に争われた裁判の判例を見ても、ほとんどが複数回に亘ってラブホテルへ出入りしている写真や映像が証拠として扱われています。
ここまでの証拠を揃えるには、かなりのテクニックが必要となりますので、素人に同じことができるかと言えば、かなり難易度が高いといわざるをえません。

 

証拠を掴むまでのスピードが違う

3つ目は、証拠を掴むまでに掛る時間が短いということです。
調査の難易度によって数カ月から1年以上かかることもありますが、たいていの場合は1週間もあれば証拠を掴んでいます。

 

これはプロだからこそできるこであり、素人ではここまで短期間のうちに証拠を集めることはできません。
このような調査スピードは各探偵事務所によっても違いますが、結局は調査員の技量によって変化してくるものと考えていて良いでしょう。

 

以上探偵に浮気調査を依頼した場合と、素人が調査をした場合の違いについてご紹介しましたが、どの探偵事務所に依頼しても同じ結果となるわけではありません。

 

場合によっては、高額な料金を支払ったにも関わらず、結果が伴わなかったということも珍しくないのです。
ですから浮気調査を依頼する際は、可能な限り探偵事務所に関する情報を集めておくということと、複数の探偵事務所を比較検討しておくことが重要となってくるのです。